2009年04月17日

ダビ短卿CT(GV)・決勝

春の短距離路線グレード第1戦目、
中山でスピードマイラー達が決勝を争います!
ダビ短卿CT(GV)、まもなくスタートです。
dtan1.PNG1番人気は7枠ノリ騎乗の
マッチョブラック!
2番人気予選2組目1着の
ミリオンセイバー!
3番人気は初代配合産駒の
ヌーディドック!

イレ込み馬はいません!







各馬一斉にスタート。
dtan2.PNG


dtan3.PNGまずミリオンカイトが最初に
行きます。

すぐ1枠ビッグタイムが
ミリオンカイトを外から
かわし、先頭。
マッチョブラック、
ハルスライブラも2列目
絶好位を確保。




                        
dtan4.PNG道中全馬団子状態の
スローな展開。

依然先頭はビッグタイム。
ミリオンカイト、
クライフターンも変わらず
好位置をキープ。







dtan5.PNG800Mを通過。
稀にレースで起こる、
完全に全頭固まって全く
動かない状態。










dtan6.PNG残り600を切って、
コーナー目前。

後方の馬にもコーナー次第で
チャンスありの展開。
ミリオンセイバー、
ヌーディドックあたりも
先頭に並びかけたい所。






dtan7.PNGコーナーを回り、直線へ。

マッチョマッハ、
ミリオンセイバーが先頭
1列目に並んだ!

直線叩き合い必至の様相。
先頭ビッグタイム。






dtan8.PNG直線!
先頭1列目5頭横に並ぶ
大混戦!

1番人気マッチョブラック、
2列目から巻き返しなるか?








dtan9.PNG依然前5頭の熾烈な争い!

4枠ミリオンカイトも必死に粘る!

マッチョブラックが内から
脚を伸ばし前を窺っている!

クライフターンわずかに先頭!






dtan10.PNG200M地点、
外ミリオンセイバーが頭一つ
抜け出した!

道中レースを引っ張った
ビッグタイム、やや前と
離されたか。

依然激しい叩き合いが続く!





dtan11.PNGミリオンセイバー、
若干のリード!

カイト、マッチョマッハ、
クライフターンもほとんど
差はない!
ビッグタイム再び間を
割れるか?





                        
dtan12.PNG100M過ぎ、
2000下特別2着の
ミリオンカイトが鋭く
差し返してきた!

前5頭の激しい争い!
1番人気マッチョブラック
以降の馬には厳しい展開。






dtan13.PNGゴール直前!
ミリオンカイト、まだ
わずかにリード!
セイバー、クライフターンも
粘る、粘る!
ミリオンカイト、このまま
逃げ切れるか!?







dtan14.PNGクライフターン、
ミリオンセイバー、カイトが
ほぼ同時にゴール!

判定は微妙です!









dtan15.PNGハナ、ハナとゴール前の
壮絶な叩き合いを制したのは
クライフターン!
予選2組目1着の
ミリオンセイバーはわずかに
及ばず2着。
2000下組から唯一決勝へ
残ったミリオンカイトが3着。
4着マッチョマッハ、レースを
引っ張ったビッグタイムも
直線粘って5着掲示板確保。



dtan16.PNG1番人気マッチョブラックは
道中好位置だったものの
コーナーで先頭に並べず
9着に敗れました。
また決勝3番人気、唯一の
初代配合産駒のヌーディドックも
スローな展開だった為、
道中前に行けず、11着と
残念な結果となってしまいました。






dtan17.PNG「クライフターン」号の
オーナー、雨男さん
優勝おめでとうございます!
栃栗毛の父同様、
マイルでの強さを
遺憾なく発揮したレースでした。
またご参加頂いた皆様、
本当にありがとうございました!


posted by じゅん at 14:53| Comment(9) | TrackBack(0) | BC/OP・グレード全戦(96) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダビ短卿CT(GV)・予選

予選1組目:1番人気マッチョブラック
2番人気マッチョジャック。ハシルペダントリー、クライフターンがイレ込み。
dtanA1.PNG

dtanA2.PNG

dtanA3.PNG

dtanA4.PNG
800M通過。1番人気マッチョブラックはまだ最後方。

dtanA5.PNG

dtanA6.PNG
200過ぎ、ヌーディドックが頭一つ抜け出す。

dtanA7.PNG
100M付近、マッチョブラックが5番手に浮上。
先頭は5枠マッチョジャック。ビッグタイム、ヌーディドックも譲らない。

dtanA8.PNG
ビッグタイムが叩きあいを制し、1着ゴールイン。

dtanA9.PNG1番人気マッチョブラック、
道中最後方からよく追い上げ、
5着入線予選通過。

2000下特別の覇者、
ハシルペダントリー、同レース
3着のスピンダッシュは予選通過に
共に涙を呑んだ。
上位6頭、クライフターンまでが
決勝進出となりました。








予選2組目:1番人気ミリオンセイバー
2番人気ハルスレイ。ナイトペイジャー、クラプトンがイレ込み。
dtanB1.PNG

dtanB2.PNG

dtanB3.PNG

dtanB4.PNG
600M地点、道中後方の馬もだいぶ差を詰めてきた。
先頭1列はナイトペイジャー、ウイングカラー、ミリオンセイバー。

dtanB5.PNG

dtanB6.PNG

dtanB7.PNG
100M過ぎ、先頭ミリオンセイバー。予選通過ライン争いは
アニキノーテンカヨ、ミリオンカイト、ハルスレイ。クラプトンは苦しいか。

dtanB8.PNG
1番人気ミリオンセイバーが予選2組目を逃げ切り勝ち。

dtanB9.PNG2000下特別決勝2着の
ミリオンカイトが意地を見せ、
決勝へ残った。
2番人気ハルスレイ、またイレ込みが
災いしたクラプトンは決勝進出ならず
残念な結果となった。

上位6頭、アニキノーテンカヨまでが
決勝進出となりました。
posted by じゅん at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | BC/OP・グレード全戦(96) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。