2011年04月05日

クラシックの主役は?

といってもリアル競馬ではなくウチのBCの話ですが…

まずは重賞勝ちから。

京成杯(GV)
ヴォールヌイ

如月賞(GV)
マッチョチラシサン

アイター通信杯4歳S(GV)
ザルツブルク

ヴォールヌイは1月の京成杯勝ちだが
仮に戦線復帰も休養明けがどう出るか。

マッチョチラシサンは青駒S(OP)勝ち馬2頭を
まとめて負かした実力。根性も目を見張るものがある。

ザルツブルクはその如月賞で6着に敗れたものの、
その翌週に行われたアイター通信杯を勝ち、有力馬の1頭へ。

また青駒S(OP)勝ち、如月賞(GV)2着のレッドスターも
当然有力馬の1頭に数えることができるだろう。

アイター通信杯2着のマッチョオンジも不気味な存在。

あと、ドリームオンも1400mとはいえ
フルゲートのOP戦を制しており、能力的に言っても距離延長も問題ないと思われる。

先日のワスレナグサ賞を勝った
ミリオンジハード、ドクロゲンスイの両2頭もオーナーの思惑次第では
クラシックに殴りこみ、も考えられる。

来週の弥生賞、楽しみになってきました。
ともあれ皆様よろしくお願いしますー。
posted by じゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。