2009年01月12日

影響を受けた歌詞編

   昨日は朝から法事があり、普段飲めない酒を散々人生の
 先輩たちから飲まされ、頭がグルグル回っておりました(今朝まで

 でも、そういう人たちがいたからこそ、私たちが生まれてこられて
 (皆さん戦争の経験者です。が、小生は一応まだ29歳です)

 のであり、以前のわからずやの生意気な小生なら多分話半分も
 聞いてないでしょう。

 指が鉄砲を何年も握っているせいで斜めに曲がっておられる方や、
 足の底が倍近く(裸足で何年も過ごした為)なっておられた方が
  おり、実体験としての戦争の姿がそこにはありました。


 今の世の中、金のある人が勝ち組、無い人が負け組みのような
 風潮があります。 ないよりあったほうがいいのは凡人である
 小生も同じなのですが。。そういう方たちからお話を聞くと
 ?と疑問に思うようになりました。

 カネがあるから偉い、ないから価値が無いなどの基準は戦争の
 現場を経験した人たちから見たら小さいゴミのような価値なのでは
 と思います。 実際の生死のハザマを体験された方から見ると
 地位が高い低い金があるないなど関係ない。

 ようはそんな現場に居合わせた場合、人間個々の体力、精神力が
 非常に重要だと。 だからそうやって生き抜いた人たちには
 ただただ畏敬の念でいっぱいです。

 そういう方たちがおられたからこそ今私たちが生きてこれてると
 心底思うようになりました。

 そうそう、影響を受けた歌詞(歌)のタイトルでしたね。
 (今日ダビスタネタは新鮮なのが取れなかったので店じまいです)
 
 十代のときにガーンと心に突き刺さった歌(歌詞)はザ・イエロー
 モンキーのJAMですね。(もう解散してしまい残念ですが)

 -外国で飛行機が落ちました、ニュースキャスターは嬉しそうに
 乗客に日本人はいませんでした〜 いませんでした〜
 いませんでした〜 僕は何を思えばいいんだろう、僕は何て言えば
 いいんだろう-
 
 まさしく小生もこの心境でした。 このフレーズには若輩者の小生も
 心を打たれました。日本人に対する風刺が見事な表現でなされて
 いました。 
 
 あとは最近はミスターチルドレンの掌もかなりグッとくる歌詞の 
 部分があります。 ここには書きませんので賢者の皆様も
 お暇がありましたら探してみてくださいな。

 今日はこのへんで。。

  
posted by じゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 情勢・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。