2009年01月28日

シヴァ嬢とのやり取り編

    えー、先ほど行われたミス・お嬢様選考会で最終選考に
    残りましたうちのシヴァ嬢について紹介しておきます。

           ある日のことでした。
 シヴァ「あんた、何年も私の世話をほっぽりだして今更どこに
     つれていくのよ! んとにもぅ!」

 牧場管理者「まあまあ、そう言わないでおくれよ。。罪滅ぼしの
  為と言っては何だけど、いいスキー場があるって知り合いから聞いたんだ。 今から行こう! ねっ?」

 シヴァ「スキーかぁ・・まあいいわ。私も久しぶりだし。
     その代わり素敵なスキー場へ連れてってよ!」

 シヴァ嬢のご機嫌取りのため、牧場管理者はシヴァ嬢を連れて
 とあるスキー場へ一緒に出かけました。

           が・・・
 牧場管理者「あれー、おかしいなー確か地図ではこの辺りになって
      いるんだけどなぁ・・ うーん。。」

 牧場管理者「あー! あったあった! あそこに看板が出てるよ!」
 
 シヴァ「丸善スキー場?ってあんたここもう
    閉鎖してるじゃない! ホントこんな辺鄙な所に連れて
    きて、どういうつもりよっ!」

 牧場管理者「うぅ・・ゴメン。僕が悪かったよ。その代わりと言って    なんだけど、ここの地主僕の知り合いでいい人なんだ。
      紹介するから是非会ってみてくれないかな?」

 シヴァ「冗談じゃないわ! こんな辺鄙な所に住んでいる地主の
   家系なんて、お金は持ってるかもしんないけど、性格は
    悪いに決まってんだから。とても素敵なlineageなんて
    想像できないっ!」

 牧場管理者「えっ・・!ごめん、lineageって何?」

 シヴァ嬢「あんたそんな言葉も知らないの? 略してTSLよっ!    lineageは日本語で血統って意味よ! フンっ!」
    

 牧場管理者「・・・」

 シヴァ嬢「んもうっ! いい! 私一人で今からまたロシアにいってバカンスしてくるから! フン! じゃあね!」

 とシヴァ嬢はこうして再びロシアへ行きました。

牧場管理者「うーん。。シヴァは難しいなぁ。。ここ丸善の地主さん、
   すばらしい人なんだけどなぁ、今のシヴァにはまだ分からない
   のだろう・・・」

 とポツリと言って牧場管理者もこの地を後にしました。

          以上でございます。。
 この物語はフィクションです。ここに出てくる地名、人名など
   架空のもので実際とは関係ありません。
 
  お前もロシアに飛ばされてしまえ!?

 ハイ失礼しました。 飛ばされてきます。。

 ではまた後ほど。
      
posted by じゅん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬(鹿)劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113316337
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。