2009年02月07日

銀行の始まり編

  最近仕事や勉強に追われ、思うように生産やブログがアップ
  できていません。

 (更新は何とか途絶えずにしようと思っていたのですが・・・)
  生産も時間がなく、あまりできない状況です。。

 よって本日もダビとは関係ない内容ですが、アップが途絶えて
 いたのでこのタイトルになりました。

 以前銀行の始まりとそれを操作するロスチャイルドの存在に
 ついて書きました。

 読むより観るほうがもっと理解しやすいので以下に紹介します。

 http://video.google.com/videoplay?docid=2172429313954008035

 この映像は銀行の成り立ちが非常によく分かるものです。

 また三部作になっており、一つめは宗教、二つめは戦争、
 そして三つめが銀行(政治)となっています。

 教科書やマスゴミの情報では決して知ることのできない、
 真実が描かれています。

 そういう真実を知った時、自分にとって何が一番大切か、
 今後自分はどうあるべきか等、考えさせられます。

 真実が分かった時、すべての政治動向、経済の動き、はたまた
 世界情勢がくっきり浮かび上がってきます。

 なぜ小泉のアホが靖国神社参拝をごり押し強行したか等。。
 
 簡単に言ってしまえばアメリカにとって日本と中国が仲良く
 する事は望まない、むしろ懸念すべき事だからです。
 
 (日本中国間に限った事ではありません、すべての国もそうです)
 そうやって排他主義を煽り、その国々が戦争(または内戦)を
 し、それらの国に同じように武器を売り、対立勢力同士が疲弊した
 所に最後はアメリカの軍事制裁や経済制裁を加え支配していく。

 その元は一部の人間による操作。(すなわち両替商共)。

 小生のつたない文でぐだぐだ書くより百聞は一見にしかずなので
 是非これらをみて下さい。

 
 
posted by じゅん at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 情勢・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。