2009年03月04日

米自民による謀略編

    本日もダビスタネタお休みで情勢・時事記事を
  書いていきます。(あまりにマスゴミ報道が氾濫しているため)

    以下国際評論家小野寺光一氏の記事を転載します。

 予想通り、亡国の政権による、政権交代阻止のための「小沢一郎」
  攻撃が始まった。

  とにかく、私はこの「小泉政権」というものを
  当初、はっきりと知ったときに「衝撃」を受けた。

※ 現在、麻生が総理大臣職にいるが、本質的に、現在の自民党政権の
中心にいるのは「森派」であり、その「森派」の中心にいて、
政権交代をどんな卑劣な手段を使っても守りぬこうとしているのは
  小泉政権の元幹部である。              

 今回の小沢氏秘書を強引に逮捕させて必死に演出をしているのは
   小泉政権の「謀略の参謀官」である。

  私は、もし小沢氏が、政権交代を本当に成し遂げたら、今度は
  小沢氏が暗殺されないようにしなければならないと考えていた。

もし、政治家が本気で、「郵政民営化阻止」を唱えてリーダーシップを
発揮すると、JFKのようにCIAに殺されてしまう可能性が出てくる。

  だから国家公務員の人たちにがんばってもらわないといけない。

いうまでもなく、JFKは、「軍」に行くお金を縮小させようとしたから
 殺されたのである。

   田中角栄のように
「政治的スキャンダル」による「社会的暗殺」も想定しておかないと  いけない。
   今回は「社会的暗殺」をもくろんでいると思われる。

実は今回の手法は今までの小泉政権の過去の手口と非常に類似している

 それは「ありそうな」手法をとるということである。
 そして有罪かどうかを「一般大衆に決めさせる」ということだ。
 そして「検察」を使う。

 いかにも「建設業界からの献金」というのはありそうな話である。
「一般大衆」は、いつもだまされる。それは「マスコミ」にだまされる  のである。
一般大衆は「さてはお金をもらっていたのだろう」とおもいがちである。

  どうやって「マスコミ」に偏向報道させるかは、
マスコミの幹部、プロデユーサー、新聞記者、評論家にお金を渡せば、「偏向報道」をしてくれるはずである。

なぜか「郵政民営化賛成」を唱える人物は、同時に「反小沢」であり、
「親小泉」なのである。

 そして検察が乗り出せば、効果は抜群である。

  一般大衆は自分の頭で考えるということをほとんどしない。
  そのため、検察や裁判で「逮捕」「有罪」となると
ほぼ、思考停止してしまい、「本当に悪い人だ」と思い込むのである。

  検察、警察などは政治側が「人事権を握る」か、「法務大臣を
 自分の派閥にしてしまう」

もしくは「強引な解釈で逮捕することを促すか」で対処するのだろう。

    冤罪であっても関係なく逮捕するのである。
        そうすれば相手は失脚する。

 今回、民主党が、予算案の年度内成立に協力した。馬鹿である。

 そして協力しおわったら、すぐに小沢氏攻撃がはじまった。

 つまり、「西松建設」が「政治団体」を経由して献金をしていた。
 しかし、献金を受ける側としては、その政治団体からの献金は
 きちんと届け出ているため何の問題もない。

  それでは、これを仕掛けている側はどうするかというと
  小沢一郎氏が、「西松建設が政治団体を通して献金していた」
  ということを知っていた、などと、本人が「知らない」情報を
  「知っていたはずだ」といって罪にはめるのである。

 この手法は猪瀬が日本道路公団副総裁の内田氏が「談合」の組織名を
 知らないはずはないと言い出して、本人が「知らない」情報を
 「知っていたはずだ」として追放したことと類似している。
 以上転載まで。

 また賢者の皆様も知っておられると思いますが、以前よくメディアに
 でて経済解説などをしておられた植草一秀氏が
(痴漢疑惑で逮捕された人物ですが、その事件そのものがでっち上げで
   今回の小沢代表の秘書逮捕劇と同じように嵌められた)
 マスゴミの報道によって一般大衆には見えない政治の真実、
 経済の真実を書いておられるので是非ご一読下さい。

 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」
 小沢代表秘書逮捕・予想通りの政治謀略の深い闇
 http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-cee1.html


 何度も書きますが本当に政治などに無関心だと結局は自分自身の
 生活を自ら貶める事になるので。
 (無関心=マスゴミや利権勢力の思う壺)。

 今まで小生も自分の国の事など一切考えた事がなかったのですが、
 今現実に起こっているすべての不条理はそういう輩が国策として
 そう仕向けた事に原因があります。
 
 またそうならないためにも多くの国民が真実を知る必要があり、
 自分自身のためにまた自国のために国を(国策を)変えて
 いかなければと思います。

  
 
posted by じゅん at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 情勢・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115138239
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。