2011年03月06日

ウチの登録出走馬レース回顧

〜吟さん主催GBC開催3日目〜

ハレンチポローリーが意外な適性を見せ、
6馬身突き放す激走、久しぶりの勝利。
過去にも2chで行われたBC(ダート)で
勝利しており、芝の一級線相手ではやや分が悪いものの、
割と色々なレースに適応できることを今回強く思った。

イカヅチノツエは能力的にもST不足は否めず、
短距離を中心に戦ってきたが、瞬発力不足も欠点としてあるので
今後は最大の武器である気性をいかに発揮できるか。
そのためにも思い切った路線変更、が必要かも。
(折り合えば意外に長距離適性を見せるかも、と淡い期待^^;

ハガネノツルギはGBCでは気の悪さをあまり見せることなく
僅差の3着、とまずまずの内容。
その気性ゆえに中々使い方が難しい馬ではあるが、
やはり今後も短距離中心になる。

前走開催2日目でダ適3でダート短距離に出走し、
勝利を持ち帰るという、素晴らしい走りを見せたハウスオブワックス、
今回は前走より期待できる条件も、ただ中距離なのでどうか、
という感じだったが、直線2頭で競り合う展開になり、持ち前の根性を発揮、
前回に引き続き今回も優勝という大殊勲、今後も非常に楽しみな1頭。

〜mamboさん主催第3回インターBC〜

ハガネノツルギはGBCに続いてこちらへも遠征。
連戦の疲れか、シンガリ負けは免れたものの、
展開的にも厳しく、あえなく予選敗退。
少し休ませてあげよう^^;

変わって、マイル戦1番の期待馬、アニキザクラウン。
イレ込み回避とゲートクリアさえ出来れば頑張れる仔w
展開的には4角2列目と厳しい印象だったが、
内から根性を活かし他馬のSPを吸収しながら
グングン追い上げる様は鳥肌ものだった。

結果ハナ差2着と惜しくも優勝を逃したが、
内容的には大満足。今後も名(迷?)マイラーとして
恥ずかしくないレースを期待。

〜ジュナさん主催BC岳第3期開催44日目〜
獲得賞金が足りず重賞は2頭除外となってしまったが、
OP戦ではレッドツァーリが差のない3着とまずまずの結果。
この馬の適性も未だ見極められていないので、
今後は色々な距離で試してみる予定(基本ズブいステイヤーだと思っている)

OP牝馬戦、個人的には非常に期待している、
エルグ産駒のスパークリングだが、SPだけでは対応しきれないと痛感してしまう。
着差こそあまり大差ないのが唯一の救いだけれども。
まだまだ初勝利までの道は険しそうだが、非常に印象強い馬なので、
今後も積極的に使う予定。頑張れ!

今回唯一GT・日の丸杯(ダート)へ出走できたデュレンジャー。
結果は入線を逃す6着だが、能力的にはかなり健闘できたのでは、と思う。
芝ではSPが厳しいだけに今後も長めのダート戦での起用が中心でしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トータルで見れば非常に嬉しい先週のBC結果内容。
生産のほうも例のProjectを立ち上げたばかりなので、
今後は是非、新作内国産産駒での好結果を期待したいところです^^;

んなわけで、
主催者の皆々様、今後ともよろしくお願いしま〜す。
posted by じゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189475456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。