2011年03月15日

最悪のシナリオ

震災による影響で、
東京電力福島第一原子力発電所2号機が
爆発、との速報。

神奈川や茨城など大量の放射線量を観測。
事態は最悪のシナリオへと向かっている。

この原発事故は100%といっていい確率で
人災と言える。

政府の、後手後手の対応の裏には
震災の影響で破損した装置を
何とか再利用できるように、と
海水注入を長時間ためらった経緯がある。


人命第一で迅速な対応をしていれば
近隣住民も被曝せずにすんだ可能性が高い。

そもそも、電力産業界は元を正せば日本の政治と
アメリカとの腐った利害関係の一翼を担っている。

過去の原発事故の例も省みずに
原子力発電が安全、などど吹聴してまわり、
さらに日本における幾多にわたる原発事故の
隠蔽工作を国民に知らせず平然と行ってきた。

もとより、昔
政府は大本営発表で
国民を欺いた前科がある。


どこぞの官房長官の
言動は本当に信用できない。
事態をほとんど把握出来ていないのが
見て取れる。

仮に把握していても
先に述べたとおり、「アメリカ」という
黒幕がいるのでうかつなことは出来ない、
というのが本音だろう。


地震そのものも、「天災」かどうか。
私自身今回の地震、
「天災」には懐疑的である。

ともあれ今後も政府の言動には注意が必要である。
posted by じゅん at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 情勢・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190747946
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。