2013年06月07日

母は出来た

空いた時間にちょこちょこ生産しています。

グレートローマンは選択肢結構あるが、
どれも甲乙付けがたい。。

母父フラッシュのニックスはまだ試していません。
実は母父ランドヒリュウ(母母スカイダイヴィング)で
考えてランドヒリュウ付けてましたが、
正直きつい。

SP、ナスルーラ攻めを考えたら
カコイ×(ブレイヴェスト×何か)。

ブレイヴェスト×プラロゼで98・77引いて
カコイ。しばらくナスルーラで気性死んでましたが、
116・82・52・74という出来すぎな牝馬を引く!
とりあえずグレートなやつを引きたい。


posted by じゅん at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

テュデナムキング終了!!!

1年以上振りのプロジェクト、
中々の難関だった、テュデナムキング。

その代表産駒がついに引けました!
再開後、ぼちぼち生産していまして、
123・60・91・63が出て、

そろそろこの辺が潮時か、とも思いましたが
スタミナがいかんせん悔しかったので、
続投していましたよ。

今日、休みで時間が取れたので、
少し頑張って生産しようと思い、
起動。

跳ねたスピード値を確認後、ST、根性と見て…
いつもガックシしてましたが。。

今回は来たーー!!

文句なしで投了、です。
先ほど、育成終わりました。

どこかでお披露目出来るといいですね。
お次はグレートローマン、です。

ぼちぼち行きましょうー!

posted by じゅん at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

感触の違い

SP◎ありではSP110台の産駒が多く見られ、
感触が良いと感じるのはこのため。

みたいな事を以前、どこかで読んだ記憶が。
テュデナム王生産でそれをヒシヒシと感じるw

SPは100を越えればおっ!みたいなレベル、
なのでSP110台はほとんど見かけず、
跳ねたらSP120↑の傾向があります。

先ほども久しぶりに120↑を確認。
(もちろんその他死亡)

気長にやります、出るまでは。

ではでは。
posted by じゅん at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

敷居が高いか

ずいぶんと空いてしまってすいません。。

ぼちぼちやる配合としては、テュデナムキングの面白配合は
向かない、というか終われない気が(笑

一つ引っかかっているのが、根性の値。
ここをクリア且つSPが一定値なら即決なんですが。。

グレートローマンにかなり惹かれる。。
ですが、何とか乗り切ってみようと思います。
posted by じゅん at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

「非」の考えは吹き飛んだ

テュデナムキング、目下生産中です。
クロスはハイぺリオン1本のみ。

ですが、実績Cとは言え、
安定Cとはこんなに感触良かったのか、
と思いました(キヨヒダカの後だけに)

SP120↑をすでに3頭確認。

121、123、124。
(その内の1頭をキープも、根性が残念なので続投。
根性さえ付けば即終了でもよかっただけに。。)

なのでネックはやはり根性。


比較するとキヨヒダカのほうが配合要素的には
かなり優れてます。が、パラメータの違い
(特に安定)によってこうも感触が違うとは。。

テュデナムキングはプチカプリース1本で
やり遂げる決心がつきました。

ではでは。

posted by じゅん at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

お次はテュデナム王

ようやくキヨヒダカが終わり、
次の種牡馬へ。

テュデナムキング、であります。

面白を成立させるとなると
ほとんど選択肢がない同馬。

母父ノーザンテースト位でしょうね。

プチカプリースでも
ほとんど同じ要素なので、
手間も考え、とりあえず

テュデナムキング×プチカプリース

でいってみようと思います。

非面白では
前にちょこっとやったことのある
プラチナロゼカラーですね。

今のところ考えているのは。

プラロゼのほうが
よさげですが、ひとまず面白で
攻めてみようと思います。

結論:
テュデナムキングは繁殖作る必要なしw

ではでは。
posted by じゅん at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

キヨヒダカ…終わった!

何度も妥協しかけましたが、
ようやく形になった1頭ゲット!

長かった…

と、その前に。
実は微妙なキープが2、3頭いたのですが、
あまりにも小粒すぎるため、
しこしこやっていました。

そのキープの能力は

@116・80・90・72(-1)・1
A116・77・91・66(-1)・2(これはキープにならないか。)
B112・76・95・セン・4

とこんな感じです。数ヶ月やってw

何度心が折れそうになったか。
ぶっちゃけ、メソ始動のカコイ牝馬(当然非面白)のほうが
揃うんじゃないかとさえ思えてくる手応え。
(メソクラスを地力で生産する手間を考え躊躇w)

こうなったら@かAの超晩成出るまでやるぞ!
と地道に生産しましたよ。

そして、ついに@のタイプの超晩成ゲット!
だけどようやくそれでSP120ぴったりなのが少し残念
(根性・ダ適とその他も色々ww)

しかし自分的にこれ以上は無理、です。本当に。
ただ、STはやはり、といった感じで↑で出てくれました。

116+4・85・90・72・1

これでもまだ非面白で全然出そうなのが悔しいですが。。
もうおなか一杯なので終了!

ただこの経験は今後さらに厳しい種牡馬を生産する上での
いい糧となりそうです。精進します。

ようやく中ボス撃破!出来たかな(?)
早速育成いたします。

posted by じゅん at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

少しだけ

希望が出ました。

キヨヒダカで
ようやく、SP123を確認。
STも81とまずまずでしたが、根性がorz

そこそこな能力で
小さくまとまる可能性大ですがw
引き続き精進します。はい。

ではでは。
posted by じゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

軌道修正が必要かも

キヨヒダカ、一向に進みません。
かなりの数こなしましたが、非常に微妙なのが1、2頭ほど。
どちらも育成候補というには足りなすぎ。

まず、SP110台の出現率も悪すぎる。
120上は1頭のみ(121)
面白成立させている意味があまりない。

基準値的には文句なし、
加えて、底力クロスも2本ある、
粘れば何とか揃うだろう、と思っていました。

どうにもならない感が出てきているので、
色々試してみます。

「牝馬」という選択肢もありですね。
(牡馬ほど根性値にこだわらなくていい、という点で)

ではでは。
posted by じゅん at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

ようやく…

時間が無いなりにも、
こつこつ続けていた、ナトルーン×ファンテ。
あれ何の配合でしたっけ?っていうくらい
時間が経過していますが。。

キヨヒダカ、ですw

かれこれ1ヶ月以上も元母が引けない状況から
ようやく解放、というかこれ以上は無理。

86・82!気性…74!

補正を入れて86・78となり、
カコイの基準値78・76となりました。

TSLは叶いませんでしたが
自分的には納得したので、次に進もうと思います。

キヨヒダカのST基準値を伸ばす、
ここが肝心な部分であると確信してるので
気持ちも新たに精進したいと思います。

ではでは。

posted by じゅん at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

粘るか行くか

ナトルーン×ファンテ、
89・72(補正込み)
79・82(補正込み)
102・52(補正込み)

が今のところ。

一番上or2番目のやつで
カコイに移行しようかどうか、と
迷っています。

95・75くらいは出そうなんですが。。
これが出ないんですよねw

さてとどうしたものか。

posted by じゅん at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

案が固まった

先の、考えていたキヨヒダカ配合を列挙しながら、
新たに配合を思いつきました。

しばらくこれで粘ってみることにします。

配合は、
キヨヒダカ×カコイーシーズ×ナトルーン×ファンテ。

カコイ牝馬のほうがBC馬を狙えそうですwが、
なので多分キヨヒダカのTSLは出そう。

早速取り掛かっています。
ナトルーン×ファンテはちょっと骨が折れそうですが、
カコイ×ベルギーと比べればまだマシです。

ではでは。
posted by じゅん at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

これまでの経過

キヨヒダカ、さすがに難種牡馬です。
繁殖すら引けていません。

これまで何回配合を考え直したか。
その度に思い直して(いい配合が浮かばずに)
今やっている配合で生産しましたがさすがに気が滅入ってきた。

理論上での配合要素は
今行っている配合が自分的にはベスト、
と思うのですが、引ける気がしない。

繁殖はカコイーシーズ×ベルギーチコリ。
SP90〜↑を見かけるのに一苦労。

出たら出たでST・気性が終わってる。
なので合間合間に色々配合考えていたのですが。。

未だこれ!といったのを決めかねる状況です。。

考えたやつを列挙してみます。

@キヨヒダカ×カコイーシーズ×アーティアス×ファンテ
おそらく↑のカコイ×ベルギーと感触は同じだと思う(推測)

Aキヨヒダカ×レインボー×ベルギー
クロス的にネイティブ1本失うが、カコイで粘るよりマシかも。

Bキヨヒダカ×ナトルーン×アーティアス×シルクスクリーン
ニックス。ちょっと引かれるが、繁殖作りはさらに死にそう。

Cキヨヒダカ×カコイーシーズ×エピュキュリアン
レインボー×ベルギーとクロス要素は同じだが、
カコイ×エピュがすでにTSLなので粘ればキヨヒダカの基準値は何とかなりそう。

現実的に考えて、
繁殖の作りやすさを考慮すればAかCがいいと思うのですが。
皆様はどう思われますか?

とりあえずAかCで少し進めてみようと思います。
悔しいので先にCのカコイでリベンジ。

ではでは。

posted by じゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

望みはあるかも

キヨヒダカ、細々とですが繁殖作りの続き。
まだまだ〆に取り掛かれるような能力の
繁殖は出ませんが、希望はでました。

SP100を確認しました。
STは31でどうしようもありませんでしたが。

スイフトファンテと比較できないくらい
こっちのほうが骨が折れます。

ここをクリアできれば
アンドレアモンまでは何とかなりそう。

セントシーザー…どうしようか。。

ともあれキヨヒダカ、続けます。
posted by じゅん at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

生産状況

キヨヒダカ、繁殖作りでかなりやる気を削がれています。。
さすがに無謀っぽい。

今のところのキープは

81・65(6/9)

これではどうにもなりません。
せめてSPくらいマックス基準値80まで
もっていきたいところ。

この繁殖のSP・STを見て
大体配合が分かると思いますw

見かけた最高SP:97
ふ〜。。

まだまだですねー。

さてと…続けます。

ではでは。
posted by じゅん at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

プロジェクト

日本に活を!Projectのほうは
少し停滞気味です。。

ゴールドレット産駒のほうは
すでに育成済み。

さすがに中ボスキヨヒダカだけあって、
繁殖もなかなか引けないです。

以前ニジンスキー用に
粘りに粘って引いた、
通称「ガブリエル」と同等に
時間がかかりそうですが、
納得する繁殖を引くまで
みっちり生産しようと思います。

これまでの生産数は
約4000頭。

まだまだ先は長そうです。

ではでは。
posted by じゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

軽装備

中ボス、キヨヒダカに挑んでいます。。
さすがにレベルが足りてないor軽装備っぽいw
ので苦戦中です。

繁殖作りで相当時間がかかりますね、これは。
まあ、取らぬ狸の皮算用または机上の空論とでもいった感じorz

繁殖はみっちりやってみたいと思います。
ここが中ボス撃破できるかどうかの瀬戸際なので。

ではでは。
posted by じゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

ゴールドレット強制終了w

ゴールドレット、母父ヒリュウの配合と合わせて
12000を超えました。

このあたりが潮時否限界wなので
先のキープしていたやつを代表産駒として
育成いたします。

ちなみに一応キープしたものの、
バランスを考慮した結果、ボツにした
産駒の能力を公開します。

122・98・90・39(ちっ!)4

根性値90って個人的にあまり好きでない数値。。
93や94よりも92が好きだったりw

なぜだか分かりませんが。

またSPのクロス本数が同じ、
マチカネイワシミズと比べて。

結論:SP◎クロスとSPクロスの違いは明白。
最大SPがゴールド123に対して、マチカネは
超晩成ボーナス含む130オーバー。

感覚的にも揃いそうと思わせる産駒が
出現するマチカネに対し、
ゴールドレットのほうは(ry

かつ、真性で揃えるとかほぼ絶望的。
僕には壁が高すぎる。
よって強制終了w


さて、いよいよ中ボス戦に突入。
一応配合は決めてありますが。。
繁殖作りに泣きそうです。

というわけで今後はキヨヒダカ編です。
ではでは。
posted by じゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

母父ヒリュウ

えー、あれから3000頭くらいは
生産しましたが、SP120越えは僅かに3頭。

およそ1000頭に1頭と、
散々たる結果でした。

STは母父ハイセイコーより気持ち↑に出るかな、
といった程度。
加えて底力CC重ね。

これは少し無謀でした。
BFTだけ眺めていると、
夢見ちゃうんですよねw

母父ヒリュウは終了。
ハイセイコーのほうを
もう少しやって出なかったらきりのいいところで終了、
キープを代表産駒として育てます。

ではでは。
posted by じゅん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

もう1発

〆ゴールドレット、中々厳しい。
あれからもう1頭一応キープしたものの、
気性が壊滅でこいつはちょっとなし、ですね。

とりあえず約7000ほど生産しましたが
芳しくないのでもう1発、発射してみようと思います。

それで、先ほどからその繁殖作りをしていました。
母父ランドヒリュウ、です。

もうお分かりですね。
元母プチカプリース。

SPクロス2本も減ってしまいますが
貴重なSTクロスを入れることができます。

そしてつい先ほど
99・81(補正込み)の十分過ぎる牝馬をゲット!

代替案で攻めてみたいと思います。
果たして?

ではでは。
posted by じゅん at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本に活を!project | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。